別荘も頼める設計事務所に建築関係者として従事する

大学

build02

建築を学ぶということを志すタイミングとして、大学を選ぶ段階で選択できます。
大学には建築学科がある他に、大卒認定を取得することの出来る大学校があります。
これらの進路にする事によって、大学卒業資格を得ると同時に建築の世界へ進むのに必要な資格を取得できます。

高校

早い段階で自分の目標が建築業界に進むということがはっきりしているのであれば、高校選択の段階でその道へ進むことができます。
多くの都道府県に、少なくとも1校は建築専門科の高校が存在しています。
その学校を選ぶことによって、デザインや設計に必要な基礎知識を学ぶことができます。
卒業する頃には、かなり高いレベルでの製作実習作品を完成することが出来るようになっているのがメリットです。
木工や建築CAD、測量や施工に関する実習を積み重ねることで、設計事務所に就職するにあたって求められる要件も満たすことができます。
実習の中で、自宅の設計や別荘の設計を行ったりすることもあり、実務的な学習を行うことが出来るのです。

資格

office

設計事務所などに勤めるにあたって重要な資格である建築士資格には、一級と二級に分類されています。
学歴という点でいえば、最もスムーズなキャリアパスは関連する学部の大学を卒業して、関係する業種に就職するのがもっとも早いです。

その理由は、二級の受験条件に、関連学部の大卒であれば実務経験0年で受験が可能と指定されているためです。
そして、一級を受験するのであれば少なくとも3年以上の時を経過する必要があります。

尚、大学や高校で関連する学習をしていなくても現場での経験を積んでいれば実務経験で資格を狙うことはできますが、かなり長期的な目線となります。
二級で実務経験5年以上、1級では15年以上の実務経験が求められているのです。

新着情報

2014/03/31
図面を更新しました
2014/03/31
予算を更新しました

注目記事

build01

図面

設計事務所が行う業務の大きな柱に、設計業務があります。発…

bessou

予算

別荘を購入するという段階では、住宅ローンを利用することが…

カテゴリー

一押し情報